スポンサーリンク

バスルームをスッキリさせるにはモノを厳選するといい

お風呂はリラックスして

心地の良い場所です。

よりキレイにして

癒しの空間づくりをしました。

お風呂には

全身を洗うためのグッズやお掃除用品など

物が多くなりがちです。

そこで本当に必要なものだけを残して

なるべく物を減らしました。

整理する前は

余分なものがいくつかありました。

体用のウォッシュタオルが3つあり

夫の洗顔フォームも2つ

1つずつあれば充分なのに。

そして驚くことに

トリートメントが不要なことに

気がつきました

置いてあるものの

しばらく使っていないのです。

理由はシャンプー&コンディショナーを

変えたからです。

少しお高いけれど

髪に良さそうなものにしてみたら

とても調子が良いのです。

調子が良いので

コンディショナーの後のトリートメントが

必要なくなりました。

本当に良いものを選べば

余計なものが必要なくなるんですね。

物を厳選することの大切さを感じました。

シャンプーとコンディショナーの

値段は少し高くても

トリートメントは買わなくてよくなりました。

そして物が減ることで

在庫管理の労力やお掃除の手間も

減ることになりました。

スッキリした一方で

まだ悩んでることがあります。

お掃除用のスポンジが目立って気になり

モヤモヤしています。

スポンジに棒が付いていて

さらに派手なピンク色なので目立ちます。

妊娠してから夫のススメもあり

棒付きを使うようになってから

便利で気に入ってしまいました。

お腹が大きくても

体に負担をかけることなく洗えます。

また冬場に服を着込んだ状態でも

浴槽を洗うことができます。

ダイソーの100円商品ですが

雑誌LDKでも優秀だと評価されていました。

そのことが「イイものだ」という気持ちを

後押ししていて

なかなか手放すことができずにいます。

せめて棒やスポンジが白なら

目立たないだろうに。

便利なのですぐにはやめないけれど

今後の課題です。

スポンサーリンク