スポンサーリンク

歯ブラシは立てないが正解

歯ブラシ立てに入れずに
横に寝かせて置くスタイルに変えてみました

歯ブラシは立てておくって
誰が決めたのでしょうか

歯ブラシの保管で大切なのは
乾燥させて清潔にすること

それなら置き方なんて
こだわらなくても良くないですか

きっかけ

こども(2歳児)の歯ブラシは
大人の口との接触を避けるために
歯ブラシ立てに置いていません

キッチンのカウンターで乾燥させており
そんな無造作な歯ブラシを見て
これいい!と気づきました

さっそく大人の歯ブラシも真似て
マイクロファイバーの布の上に
ただ置くだけにしました

ポイントは
ブラシ先をちょい出ししておくこと

水切れもよくなり衛生的です

メリット

歯ブラシ立てを洗う手間

歯ブラシ立ては洗う必要があります
おしゃれ歯ブラシ立ては管理の手間から
コップに立てることにしていましたが
それでも洗わなければならないことに
変わりはありません

食器と同じでは抵抗があるし
洗面台用でも抵抗あるし
厄介な存在でした

布の場合は
ただお洗濯しちゃえばOK

布巾のように手洗いするか洗濯機にポイッ
ブラシ先が布に触れるわけではないから
洗濯機でも大丈夫です

こどもの歯ブラシ置き場に困らない

コップに立てていると
お互いの歯ブラシが触れ合ってしまうこともあり

夫婦の2本だけならそんなに当たりませんが
3本、4本と増えてくると
わちゃわちゃしてきます

子供と大人の歯ブラシが一緒にできず
やむなく別の場所に置いていましたが

置くだけスタイルであれば
歯ブラシの先端が接触しにくく
子供のものも同じ場所に置けるようになります

キッチンに無造作に置かれた歯ブラシを
きちんとした場所に置けるようになりました

置き方アレンジ

ブラシ先をちょい出しできるような
ちょうどいい場所がなかったら
洗面台に広げてもアリかと思います

そのときは
箸置きみたいなのに
乗せてみたらどうかな

わたしだったらコップを洗うよりは
箸置きを洗う方が気持ちが楽です

性格を知る

歯ブラシ置きを布にしてみて
気がついたことがあります

それは
スポンジ洗いよりも
洗濯の方が向いているという
自分の性格です

少し前に
コンタクトの置き場所も
水切りからタオルに変えました

同じように
管理のモヤッとした気持ちを
どうにかするためでした

こまめにスポンジでキュキュッと洗うことが
苦にならない人ならこうはしないでしょうね

わたしはスポンジ洗いよりも
布系のお洗濯の方がストレスなくできます

自分の性格を理解すれば
自分に合った管理方法を選べるので
ストレスをぐっと減らせると思います

スポンサーリンク