スポンサーリンク

究極のシンプル家計簿!メモ帳でOK

家計管理で大事なことって
何だと思いますか?

家計簿をきっちりつけて
支出内容を振り返り
傾向を分析することでしょうか

それが得意な人ならいいですが
苦手な人にとっては大変な作業で
管理するのがイヤになってしまっては
元も子もありません

家計簿をシンプルにして
家計管理を楽にしてみてはどうですか

家計簿はメモ帳で

みなさんは
どんな家計簿を使っているでしょうか

家計簿歴が長いほど
大きさやレイアウトなどお気に入りのものや
書き方のこだわりがあると思います

1ヶ月を日にちごとに順番に書くもの
支出項目ごとに分けるもの
レシートを貼っていくものなど
様々なタイプがありますが

おすすめしたいのがメモ帳です

よくある普通のただのメモ帳
どんなのでもOK
わたしは粗品で頂いたものを使っています

罫線があると書きやすいですが
なくても問題ありません

メモ帳の家計簿の書き方

メモ用紙1枚が1ヶ月です

用紙の上部に「月」を記入

あとは順番に
支出したものを書いていきます

項目は
お店の名前や買ったものなど
自分がなんとなく分かればOK

例) イオン、ガソリン、友達と

項目の横に使った金額を書きます

もし分けて把握したい項目があれば
列を分けたり
端の方に寄せるなど
ブロック分けすることで
一目で見分けがつきます

例) 税金、冠婚葬祭

1ヶ月終わりに
その月の集計をして完了です

メモ帳がいい理由

なぜメモ帳がいいのか

それはズバリ
過去のデータを見ないからです

1ヶ月終わった段階で
今月はこれが多かったとか
これは頑張ったなど
月ごとの動向を振り返り

今後の行動につなげるための
考察はします

振り返りはそれまで

数ヶ月前、数年前という長期スパンで
過去の支出を振り返ったり
研究や考察はしません

よほど得意な人でなければ
データを分析するのは難しいと思います

それに家庭事情は変化していきます
子育て世代であれば
子供の成長に伴い
食費、学費などが大きく変わるので
単純に過去と比べるのは難しい面があります

過去のデータを振り返らないのであれば
過去のデータを保存しておく必要がありません

1ヶ月書いて
その月の振り返りをしたら
もう必要ありません

メモ帳なら
ビリっと破ってポイッと捨てられます

だからメモがいいのです

月・年単位で集計する方法

毎月見るだけは心もとない
1年ごとにチェックしたい

そんな時は
イヤー(年)頁をつくってみてはいかがでしょうか

ベースとなる書き方を
マンスリー(月ごと)として

イヤー頁には
月ごとの合計金額を書いていけば
12行で1年
用紙1枚が1年のまとめになります

その年の振り返りをして
翌年の目標を立てるのもいいですね

頑張りすぎないのが長続きのコツ

家計簿でも何でも
コツコツやる事は大切です

でも大変なことなんです

時間に余裕があればできることでも
日々の生活に追われていると
ゆっくり家計簿をつける時間が
なかなか作れません

節約意識の高まる子育て家庭では
子育て中だからこそ
主婦が自分の時間をなかなかとれないという
現実があります

そこでパパッと書けるメモ帳スタイルは
時間がなく忙しい人にとっても
続けやすいと思います

メモ帳家計簿がシンプルライフ

メモ帳スタイルは
過去のデータを保存しないで捨ててしまうので
家計簿がかさばることはありません

家計簿というモノをなくすことで
スッキリとします

レシートもすぐに捨てやすく
スッキリできます

きちんと細かく家計簿を書くとなると
まとまった時間がほしいので
つい書くことを先延ばしにしてしまい
どんどんレシートが溜まっていき
書くのが大変になってしまうことも

メモ帳スタイルであれば
支出をしたらすぐにサッと書いて
レシートもすぐに捨てることができるのです

家計簿自体がメモ帳になりシンプル
家計簿のつけ方もシンプル

手間やモノをなくして
シンプルライフです

スポンサーリンク