お越しいただき ありがとうございます♡

外出先で「今月あといくら使えるか?」をチェック!おすすめアプリ『貯金箱』の活用方法

予算と残金を常にチェックしよう

毎月のやりくりを
予算内に抑えられていますか?

遊びに行ったり
ショッピングモールへ行くと

娯楽費や被服費を
つい使いすぎちゃったりすることは
ありませんか?

買いすぎや使いすぎを防ぐために
予算と残金をチェックすることが大事!

やりくり費のうち
食費、日用品、娯楽費など
それぞれ「あといくら」使えるか

簡単に確認するために
『貯金箱』というスマホアプリ
活用しています

スマホアプリ『貯金箱』で予算チェック

eri

今月は、何にあといくら使えるか
どうやって把握していますか?

スマホの家計簿アプリを使っているなら
簡単に見られるかもしれません

でも手書きの場合は
外出先では見れないし

計算が苦手だと
残金いくら?がすぐに分かりませんよね
(電卓で計算しないと…私はムリです!)

だから、アプリにほどよく頼っています

スマホアプリ『貯金箱』は
本来は貯金目標を設定するものですが
見方を変えるだけで活用できます!

実際に使ってみると
こんな感じです

やりくり費にあわせて
「食費」「日用品」「服」「娯楽」と
項目をつくりました

貯金の‟目標額”“予算”
“目標まであと”“残金”
読み変えて考えます

こうすれば
何に、あといくら使えるか
パッと見で分かりますよね♪

このアプリは
機能がシンプルなので
入力や操作が簡単スイスイ~

だからあまり
煩わしさを感じないところが
気に入っています

具体的に
使い方を載せておきます

アプリ『貯金箱』の使い方

1.項目(目標)を設定する

まず「目標の新規追加」から
家計簿の項目をつくります

タイトルに項目
目標額に予算
カラーは自由にチェンジ♩

⠀⠀⠀↓↓↓

eri

項目名には
何月分かも入れてね★

必要な項目をつくると
こんな感じに

これで準備OK!

2.支出を入力する

使ったら
「貯金」として入力します

右の貯金という○をタップすると
入力できます

⠀⠀⠀↓↓↓

メモは書いても書かなくても大丈夫

入力できたら
「閉じる」ボタンを押します

注意
「使う」という入力があるけれど
「貯金」の方に入力すること!

使ったら「貯金」に入力すれば
このようになります

ちなみに
項目の部分をタップすれば
いつ、何に、いくら使ったか
一覧になるので
家計簿のように使えます♩

 

3.翌月は、変更ではなく削除

月が変わるときは
項目名を変えるのではなく

古い月を削除して
新しい月を作りましょう

例)
「2月☆食費」を削除して
「3月☆食費」を設定する

削除の方法は

編集から削除を選択します

⠀⠀⠀↓↓↓

この削除をすると
入力したものまで
サクッと消してくれます

以上、『貯金箱』の
残金チェック的な使い方でした!

使い方プラスアルファ

項目ごとの予算を入力する際に
毎月の予算そのものを入力せずに
その月に使える金額を入力する
さらにGOOD!

言い換えると
前月までの繰り越しをふまえて
予算(目標金額)を設定する
いうことです

例えば・・・「被服費」
ひと月の予算 6,000円
1月の出費 5,000円
繰り越し +1,000円
2月の予算 7,000円

 

この場合は予算(目標額)を
6,000円ではなく7,000円に!

 

マイナス繰り越しの場合も同様に!

 

繰り越しがあるときは
反映させておくと
本当に使っていい金額が
きちんと分かります

ゆるっと丁寧な暮らし

家計管理は
予算を決めることも
予算内でやりくりすることも
必要だけれど

なにより

家族が笑顔で過ごせることが
大切だとわたしは思っています

だから

予算を守りながら
楽しくお金を使うことが
できますように♡♡