スポンサーリンク

間取りで後悔していること②子供部屋の数

失敗したと感じていることはたくさんあります

間取り上のことで後悔していることは3つ

1. ウォークインクローゼット
2. 子供部屋の数
3. 収納の量

前回はWICについてでした
間取りで後悔していること①WIC

今回は子供部屋についてです

子供部屋の数

我が家の家族計画は子供2人
だから子供部屋は2つ

子供の数=子供部屋だと決めつけていました

しかしそれが失敗でした

当時まだ子供は1人でしたが
何のためらいもなく子供部屋を2つ用意しました

いざ子供が生まれて子育てについて調べると
子供部屋不要論とか
多くを与えすぎないのは良くないとか
色々と考え始めるようになり
2部屋も必要なかったのかもと感じています

子供と離れて寝るのは小学生に上がるタイミング
そのとき子供たちは2人で一緒に寝てもらおう

子供に1人部屋を与えるのは
中学生になってから

そこまで念頭に置いていました

今になって気づいたことは
子供が中学生になって1人ずつに部屋をあげるとき
寝室をあげればいいこと

だってどうせ寝室は夫が寝ているだけで
(わたしと子供は1階の和室)
夫婦の私物はほとんど置いていない状態

そして子供の夜泣きがなくなったら
きっと和室で一緒に寝るようになります

そしたら寝室は使わないです

寝室が要らないのです

言い方を変えれば
子供が小さいうちは
子供部屋予定の場所を
寝室にすれば良かった

1部屋余分につくってしまったと感じています

ありがちな設定で計算してみると
60万/坪 6畳 = 180万 ということになります

他にも固定資産税など
ランニングコストも変わりますし

勿体ないことしたなと思ってしまいます

今や親と同居なんてしない時代で
子供たちはいつかは巣立っていき
そうすれば使われなくなるお部屋たち

子供部屋にかかるお金を
もっと別のことに使ってあげればよかったと
今になって思います

間取りは難しいですね

スポンサーリンク