スポンサーリンク

昼も夜も快適!リビング横の和室で寝るスタイル

畳のスペースは必ず欲しいと思っていて
マルチに使えるように
リビング横に和室をつくりました

リビング横の便利な和室

和室はリビング兼寝室

この和室は寝室として使っています

夜になったら押入から布団を出して
朝起きたらしまう

慣れると、このスタイルが快適です

日中はリビングのように使いのびのびと遊んで
夜には寝室にチェンジ

夏冬のエアコンをかけている時期は
リビングの空調と一緒なので
無駄なく快適に過ごせています

昔ながらのスタイルは理にかなっていますね

布団を敷くとどうなる?

我が家の和室の広さは
畳の部分だけだと4畳半より小さめです

半畳畳 82cm×3枚 = 一辺が252cm

いつも敷布団はダブルを1つ
掛布団は各自それぞれに用意しています

長期連休になると夫も一緒に寝るようになり
布団を2組並べるのですが
ダブルとシングルを敷くとギリギリで
板の間にはみ出しかけます

シングル2組だったら余裕です

敷布団の横幅は
シングル 100cm
セミダブル 120cm
ダブル 140cm

シングル×シングル → 200cm
シングル×セミダブル →220cm
シングル×ダブル →240cm

4畳半は261cm(江戸間)/255cm(団地間)ほどあるので
4畳半あれば布団を敷くのには困らなさそうですね

我が家には板の間が少しあるので
布団がギリギリになっても
さほど圧迫感を感じることなく寝られています

余裕をもってお布団を敷くには
半畳畳だったら 3×4=12枚 あると良いと思います

6畳あったらシングル3組並べられるので
かなりゆとりがあります

まとめ

和室を寝室にするメリット
空間の有効活用
エアコン効率

寝室にする場合の広さ
4畳半〜6畳がオススメ

子供たちが成長して別々に寝るようになるまでは
このスタイルでいくつもりです

スポンサーリンク