スポンサーリンク

便利なドアストッパー、邪魔になってしまった場所

開き戸についている
マグネットでドアがピタッと止まるドアストッパー

door-stopper

標準装備だったので
要不要をとくに考えることなく
開き戸には全部付いています

生活してみて「ここ無い方がいいのに!」
と思う箇所がありました

それはトイレです

トイレにはドアストッパーは無い方がいい

と思う

そもそもドアストッパーは
ドアを開けた状態にしておくためのものです

ではトイレのドアを開けっ放しにすることありますか?
換気するとでも…?
窓から換気扇だけでドアは閉めておきますよね(笑)

風水的にもトイレのドアを開けておくのは
運気が下がってNGだそうです

だからトイレのドアストッパー使っていません

それどころか、不便を感じてさえいます

子供をトイレに連れて入るとき
ドアを大きめに開けますが
開けすぎるとストッパーにくっついてしまいます

強力マグネットなので
開けるときにはそれなりに力がいりますし
ガチャンっていう音も耳障り

すぐ閉めるのにくっつかないほしいです

自分1人で入るだけなら
サッと入るし何ともないのですが
余分なものが付いていることに変わりありません

掃除機がけや床拭きのときにも
わずかですが障害物に感じます

このドアストッパーがなかったら
もっと快適に過ごせたし
なければ僅かでもコストダウンしたはず

住んでみないと分からないことも多くて
家づくりは難しいですね

スポンサーリンク