スポンサーリンク

家計の黄金比率とは?支出のバランスをチェックして家計改善!

家計管理のために

家計を良くするために、まず始めたことは

毎月、どんなことにどのくらいお金をかけているのか

支出の内訳を知り、改善することです!

とはいえ、どこから改善しようか…

改善点を考えるときに参考にしたのが
家計の黄金比率です

家計の黄金比率とは

家計の黄金比率とは
支出の費目ごとの理想的な割合のこと

理想的なバランスの割合と比べて
比率の高い費目を改善することで
無理なく貯蓄体質になれるそうです

理想の支出バランスと支出額

どの費目にどのくらい配分するかは
収入や子の有無など家庭の事情によりますが
検索してよく見かけたのがこちら

実際に手取り収入が25万,30万の場合は
いくらになるのも合わせて表にしてみました

housekeeping.balance

教育費がしっかりとってあるので
子育て世代向けなのかな?と感じます

もうひとつ

こちらは教育費への割り振りがなく
貯蓄の割合が高くなっています

みなさまは、これらと比べてどうですか?

我が家は問題点がいくつかありました

我が家の黄金比率

問題点①車費

自分の家計の比率を出すときに
ある問題点に気づきました

車にかかる費用はどこ?

黄金比率の2パターンどちらにも
車費/交通費がありません

私の住んでいる地域は
車が1人1台ほしいところです

車の維持費はかなりの金額になるので
きちんと予算をとる必要があると思います

問題点②奨学金

大学に通うために奨学金を借りたので
月々返済がありますが
どの費目で考えればいいのか…

問題点③保育園費

子どもはまだ未就学児ですが
いずれ保育園に通うことになります

0〜2歳児の保育料はかなりかかります

これは、教育費なのでしょうか?

私なりの解決

▷ 車費・・・つくる
▷ 奨学金・・・収入から天引して考える
▷ 保育料・・・収入から天引して考える

奨学金と保育料は
妻側の収入から差し引いて
収入がその分少なかったと考えてしまおうと思います

保育料は仕事復帰に伴い発生しますし
奨学金も妻側のもの

それらをふまえて
我が家なりの黄金比率を考えてみました

☑︎ 車費をつくる
☑︎ 奨学金は給与から差し引いて計算
☑︎ 保育料も給与から差し引いて計算

車費のために食費の割合を下げたけれど
2万5千円あればやりくり範囲かな

理想の黄金比率や
我が家にとっての黄金比率を知ったうえで

家計を見直してみて、改善したいと思います^^

スポンサーリンク