スポンサーリンク

育休復帰すると収入が減る!?育休手当vs時短勤務

育休から復帰

子供が1歳を迎えるにあたり
育休から復帰するので

保育園の申請書をもらいに市役所へ行きました

市役所では
市民税の納付額をもとに
保育料を教えてもらいました

予め把握しておくと安心ですよね

さて保育料、いくらだったでしょうか

※注意:私個人の状況での個人的な意見になります

保育料

2歳児と0歳児の2人

時短とはいえ延長も必要になるので
延長料金もかかり

合計 75,000円 になります

ななまんごせんえん!?

兄弟割引を適用後の
下の子が半額になってこの料金です

た、高い…(꒪⌓꒪)

さらに保護者会費や絵本代などもあり
実際にはもう少しかかります

復帰後の給与

正社員ですが
一般的な事務で残業はほぼなし
手取り16万くらいです

時短にしたら
12万くらいになる予想

そこから保育料を引いたら…(泣)

育休手当

今もらっている育児休業給付金は
給与の半分ですが
月額12万くらいです

1人目の育休明けは
フルタイムで復帰しましたし

給付金の金額は
交通費なども含めた総支給額で決まるので
手取りに対して意外と多くもらえています

育休手当vs時短勤務

単純に考えて
育休手当と時短の給与がほぼ同じ額なら
働くと保育料の分がマイナスになります

育休手当 12万もらえる
時短勤務 5万くらいになる

復帰したら
毎月7万円マイナスになるのです!

これなら働くより
育休継続したいと思ってしまいます

収入減へ向けて

働いたら時間もお金も減ってしまう
その事実に気づいて焦っています

月々7万円も収入が減ったら…

いざ収入が減る前に家計を見直さなければなりません

先日の家計の黄金比率を参考に
家計改善を考えてみようと思います

関連記事:家計の黄金比率とは?支出のバランスをチェックして家計改善!

スポンサーリンク